仲介業者を通さなくても売手と買手さえいれば

仲介業者を通さなくても、売手と買手さえいれば住宅は売却できますから、個人売買もできないことはありませんが、税金や法律、登記などさまざまな知識もなく取り引きするわけですから、深刻な問題が生じたときにうまく対処できません。

不動産取引では将来のトラブルを避けるべく複雑な契約内容となるのが普通ですから、契約書に記載していれば問題が生じなかった事でも、抜けていたがために金銭面や法律上のトラブルに巻き込まれることがあります。

知識のある専門業者に依頼したほうが安心ですし、ストレスも軽減できます。

とどこおりなく、自分のマンションを売却できた後は、納税の手続きが必要となります。

例えば、所得税や住民税です。

売却したことで利益を得た場合、税金がかかるのは避けられません。

とはいえ、売ったマンションが自らの居住用で住み替えなどで売った場合には、特別控除として3000万円。

その他、特別軽減税率といった特例があります。

事前に調査をした上で、確定申告をすれば、少し日数を要しますが、納税額が手元に戻ります。

不動産などの資産を売って得た所得のことを、譲渡所得と呼びます。

マイホームの売却で得た収入も譲渡所得に含まれます。

譲渡所得もほかの収入と同様、所得税と住民税がかかりますが、給与、山林、配当などその他の所得とは分けて、譲渡所得のみで計算します。

気になる譲渡所得の税金ですが、不動産の所有期間が5年超になるとそれ以前に手放すよりも低い税率が適用されます。

これから家を売りたいとお考えでしたら、家の所有期間を踏まえて売却時期を決めると節税になるでしょう。

不動産を売却する理由は様々ですが、あまり人には知られたくない場合もあるでしょう。

このような、個人情報を伝えずに売却予定の不動産物件がいくらになるのか知りたいという人も後を絶ちません。

そのニーズを受けて、この頃は、個人情報を入力せずに不動産の一括査定を受けられるサイトの人気が高いです。

利用者が増えているワケは、それまでの一括査定サイトでは当たり前だった、査定後のしつこい営業電話を回避できるほか、素性の疑わしい業者に個人情報が伝わることがないなどの良さがあります。

一方で、匿名では簡易査定しか受けられないため、おおよその査定額しか出してもらえないでしょう。

訪問査定を受けるものといえば車やバイクが一般的ですが、不動産査定のケースでも詳細な査定額を出してもらうために、訪問査定を依頼します。

具体的には、周辺環境や建物の状態、部屋の間取りや日当たりの様子を確認しますし、さらにマンションを査定する時は、エレベーターや廊下などの共有のところの様子もチェックしてから査定額を決定します。

それぞれの不動産業者で少しずつ査定のポイントが変わり、査定結果も変わってくるでしょうから、あらかじめ、複数の業者の査定を受けておきましょう。

高額のやり取りが発生する不動産売却では、なかなかに経費も必要です。

仲介を頼んだ不動産業者への仲介手数料も売却額に応じて高額になっていきますし、利益が発生した売却の場合は譲渡所得税を納めなければならないこともあるのです。

取引に用いる関連書類作成に伴う出費や印紙代も必要になります。

加えて、住宅物件を売却するのであれば、引っ越しの出費も見込んでおかなければならないでしょう。

売却したい不動産の査定には、一括査定サービスサイトを使わない手はありません。

と言うのは、最初から一社だけの査定しかとらないと、相場を把握することができずに低価格で物件を売却してしまいかねないからです。

そこで一括査定サービスの出番となり、様々な業者が出した査定額を比べてみて、ここのサービス内容が一番いいと思えた業者に連絡してみるのがポイントです。

不動産会社を介して物件を売却する時は、幾つかの業者に査定させ、一社に絞ります。

そして媒介契約を締結します。

一口に契約といっても3種類あり、買手と売主の直接契約の可否、業界の物件流通ネットに物件を登録するかどうか、業務報告の有無などの内容の違いがありますから、契約前によく確認しましょう。

いずれ購入したいという人が見つかったら価格交渉等をした上で、不動産会社を介して売買契約を締結し、物件引渡しと代金の精算を行います。

買取や個人売買以外では、不動産の売却をする場合には、不動産会社と媒介契約を交わします。

三種類ある媒介契約の中で、専属専任媒介契約は成約の内容が厳しい物になっていますから、よく確認した方がいいでしょう。

仲介業者と専属専任媒介契約を取り交わすと、契約期間中は他社からの仲介を受けられなくなるのです。

もし、専属専任媒介契約を結んでから、知人の紹介などで購入を希望する人に巡りあっても、当事者同士で勝手に契約することはできないため、絶対に不動産会社の仲介を挟むことになり、損をするケースもあるでしょう。

一戸建ての場合、売りたい価格にならない可能性があります。

築年数が経った物件では残念なことに、マイナスポイントとなる建物をなくし土地のみにするか、買いとり価格から解体費用を差し引きたいと、提案されてしまうこともあるでしょう。

また、建てるときに夢を詰め込んで設計した建物は通常よりも建築費が高いケースがありますが、売却時にはこだわりにより買い手が見つからず、不服にも相場より価格が伸びない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です